Sharing Economy を超える Sharing Economy

Sharing Economy このサービスはアメリカから発祥し、今では世界で広まっている。 例えばAirbnbは世界190か国で広まっていて、その普及年数も2~3年と急成長している。 Sharing Economyの醍醐味 Sharing Economyの醍醐味といえばサービス、モノ、スペースをシェアすることで物事が済むことだ。それは時代が不景気という流れから生まれたモノだと言っても過言でない。 しかしなぜそこまでSharing Economyがしたのか?

SNS の拡大とスマートフォンの普及 スマートフォンをインターネットの普及がシェアリングエコノミーの起爆剤となったのである。 しかしSharing Economyのサービス内容は同じサービス内容がきている。 それが下記のグラフで表されている。

上記の図はSharing Economyのサービスの種類とその需要を示している 当たり前のことかもしれないが、これらの産業はビジネスということからコストがしてしまうのである。 しかしそんな中にSharing Economy を超えるSharing Economyがしたのである。

それが GoCambioである。 ・Sharing Economyのにはまだない教育に重点を置いたことだ。 ・シェアすることによってコストをゼロにすることができる。 ・海外だけでなく、国内でサービスを受けることができる。 ・新たなる世界を知るきっかけになる。 サービスはシンプルである。 旅人は自分が行きたい場所に住んでいる人(宿主)をGoCambioで探し、その宿主にご自身のスキルを提供する(スキルとは日本語や音楽、スポーツ、芸術、ITなど)。そしてその代わりに宿主から寝床と食事を提供してもらえる。 旅・旅行に行く際はGoCambioと自分のスキルを教えることで海外に滞在することができ、 国内で語学勉強をしたい場合は、海外の旅人を家にあげることで無料で語学学習に磨きをかけることができるのだ。 シェアリングエコノミーを超えるエコノミーとはシェアすることで無料でサービスを受けることかもしれない。

旅好き!多趣味!挑戦大好き! メッセージウェルカムです!XD
Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections