サトイモ科 テンナンショウ属

今、室戸の山を歩くと、あちこちで見かけるユキモチソウ。

並んでいると、ちょっとしたライトみたいでカワイイです。

こちらは海岸沿いで見かけるウラシマソウ。

ピローンと長く伸びている部分を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てた名前なんだとか(笑)

こちらはマムシグサ。

ピントが合っていません(汗)

キレイだなぁと思って撮ったあと、名前を聞いてちょっと引きました(笑)

こんな感じで、パッと見ただけでは区別がつかないサトイモ科 テンナンショウ属。

なんと30種類以上あるらしいです?!

ちなみに、テンナンショウは天南星からきているみたいです。

どんなつながりがあるのか、他はどんな姿をしているのか気になります☆

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections