欠けた歯は根管治療が必要ですか?

欠けた歯は、歯の根が感染したり、ひどく損傷したりすると、根管治療が必要になることがあります。感染したり、ひどく損傷した欠けた歯を長い間放置すると、歯を失うことになる場合もあります。しかし、すべての欠けた歯が根管治療を必要とするわけではありませんが、軽度の欠けであっても速やかに歯科治療を受けることが重要です。


欠けた歯の根管治療について

根管治療

欠けた歯の重症度を判断する

歯が欠けてしまう原因には様々なものがあります。転倒や交通事故、スポーツ中の顔面強打など、明らかなものもあれば、睡眠中の歯ぎしりなど、微妙なものもあります。欠けた歯の重症度は、欠けた歯の量に加えて、知覚過敏、腫れ、全体的な不快感の重さを評価することで判断できます。

欠けた歯が根管治療を必要とする場合

歯科用LED光重合照射器

欠けた歯が緊急を要する場合

前述したように、欠けた歯は速やかに治療を受けることが重要です。これにより、歯科医師は可能な限り早い段階で治療を行うことができ、欠けた歯の治療の範囲や費用を最小限に抑えることができます。しかし、歯が欠けてしまった場合、過度に腫れていたり、歯が抜けていたり、耐えられないほどの痛みがある場合は、緊急を要すると考えられます。激しい出血やその他の対処が必要な顕著な損傷(頭部外傷など)がある場合は、すぐに救急外来を訪れて治療を受けてください。

治療後の歯の欠けの予防

欠けた歯のリスクが最も高いときにマウスガードを装着することで、個人でも欠けた歯のリスクを減らすことができます。これには、アスリートやブラキシズム(就寝中の歯ぎしり)に悩む患者さんが含まれます。また、氷のような硬いものを噛まないようにすることも重要です。

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections