「ブラジルロール」を食べてみた / 日本人以上に日本人の心を持つ外国人みたいな寿司だった

寿司好きの日本人の中には「カリフォルニアロール!? あんなもん寿司じゃねぇ」と思っている人は少なくないだろう。何と言っても、ネーミングが「カリフォルニア」である。メチャクチャUSAだ。美味しいか美味しくないかは置いといて、多くの日本人にとって「寿司の王道」と言えるものではないだろう。 今回、そんな「カリフォルニアロール」と同じように、全く寿司らしくない寿司を取り上げたい。その名も「ブラジルロール」。「カリフォルニアロール」以上に、どこか陽気な名称。漂いまくるラテンオーラ。果たしてその味は?  ・場所は池袋 「ブラジルロール」が食べられるのは、東京は池袋にある寿司店『寿処 銀座 福助 サンシャイン60店』。先日、ブラジル・フェスタの記事でもお伝えしたように、現在サンシャインシティでは、ブラジル・フェスタ『Festo do Brasil』が開催中。 ・期間限定のメニュー それに合わせて、サンシャインシティ内のいくつかのレストランでは、『黄色と緑のグルメフェア』と銘打って、ブラジルカラーをイメージした料理が食べられるイベントを行っている。「ブラジルロール」は、そのイベントのために『寿処 銀座 福助 サンシャイン60店』が期間限定で提供している特別メニューだ。 お店の場所は、サンシャイン60の59階。中に入ると……窓の向こうにはきらめく無数の光。そう、ここは東京の夜景を楽しめる寿司店なのだ。そのためか、店内にはカップルの姿が目立つ。そんなお店に、私(記者)1人で行き、ただブラジルロールを待っていた。

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections