<花子とアン>最終週の見どころは? 「赤毛のアン」の出版、“腹心の友”との友情…

週の平均視聴率が21%以上と好調のNHK連続テレビ小説「花子とアン」の最終週がついに22日から放送される。最終週のタイトルは「曲がり角の先に」で、吉高由里子さんが演じる花子が激しい空襲をくぐり抜け、命を懸けて翻訳した「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」(日本語版タイトル「赤毛のアン」)を出版すべく奔走する姿や、戦争直後に花子と仲たがいした“腹心の友”の蓮子(仲間由紀恵さん)との友情の行方が描かれる。 【写真特集】ラストはどうなる? 「花子とアン」最終週の場面カット クランクアップの様子も  ドラマは、「赤毛のアン」などを翻訳した主人公・花子の明治・大正・昭和にわたる波瀾(はらん)万丈の半生を、「Doctor-X」(テレビ朝日系)などの中園ミホさんの脚本で描いている。原案は、花子の孫・村岡恵理さんの著書「アンのゆりかご」。花子は山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて東京の出版社に勤め、翻訳家の道へと進んだ人物で、吉高さんが10~50代を演じている。  ドラマは美輪明宏さんがナレーションを務め、吉高さん、仲間さんのほか鈴木亮平さん、賀来賢人さん、黒木華さん土屋太鳳さん、窪田正孝さん、吉田鋼太郎さん、中島歩さん、高梨臨さん、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さんら多彩なキャストが集結。仲間さんが演じる華族の令嬢・蓮子の波乱万丈の人生や吉田さんや近藤さんら個性豊かな脇役の演技も話題を呼んだ。

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections