子供のポーズ

①床の上にひざまずく。両足の親指をつけてかかとの上に座り、両膝を腰幅程度に開く。 ②息を吐きながら胴体を太腿の間に下ろす。骨盤の後ろ側に仙骨を広げ、腸骨稜(骨盤の一番上)をへそのほうへ狭めて、太腿の内側に心地よく落ち着かせる。尾骨を骨盤の後ろから引き離すようににして伸ばし、頭蓋の下を首の後ろから遠ざけるように持ち上げる。 ③両手は床の上に胴体と平行に、手のひらを上向きにして置き、肩の前側を緩めて床へ。 肩の前側の重みで肩甲骨が背中に広がるのを感じてみよう。 ④バラーサナは休息のポーズである。30秒〜数分ステイする。初心者はまた、バラーサナで胴体を太腿の上に休ませることにより、深い前屈の感触を得ることができる。起き上がるには、まず胴体の前側を伸ばし、吸う息で尾骨を骨盤に押し下げるようにして胴体を持ち上げる。

4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections