現代のスーパーカー

+シェルビースーパーカーズ「トゥアタラ」 アメリカのシェルビースーパーカーズが、2012年から販売開始。トゥアタラとはムカシトカゲのニュージーランド現地での呼称。生物の中で最も急速に進化する遺伝子を持っていることから命名された。最高出力1350馬力。価格は97万ドル(約1億2000万円) +ケーニッグゼグ「アゲーラR」 スウェーデンのスーパーカーメーカー「ケーニッグゼグ」が生産する自動車。最高出力は1115馬力。価格は約1億3000万円 +ブガッティ「ヴェイロン」 フォルクスワーゲングループによってフランスに設立された新生ブガッティブランド初の市販車、2005年から発売された。8.0リットルの排気量を持つW型16気筒エンジンは4基のターボで過給され、1001馬力を発生する。価格は約2億円。 +フェラーリ「ラ・フェラーリ」 世界限定499台のみが生産される予定だが、日本円で約1億6000万円ほどするにもかかわらず、すでに世界中から1000人以上の購入希望者が殺到している。 +ゼンヴォ「ST1」 デンマークの自動車メーカーであるゼンヴォ・オートモーティブ社が製造・販売しているスーパーカー。。英国での価格は66万ポンド(日本円では約1億1500万円)と公表されている。 +サリーン「S7」 アメリカの自動車メーカー「サリーン」が開発したオリジナルスーパーカー。2000年に市販車より先にルマン用レースカーが販売され、その後公道向け一般車両としても発売された。ツインターボ版の価格は8925万円。 +グンペルト「アポロ」 ドイツの自動車メーカー、グンペルト・シュポルトヴァーゲンが製造。宇宙船をイメージして開発され2005年に発表、2006年から発売されている。価格は3780万円から。 +Wモーターズ「ライカン ハイパースポーツ」 アラブ首長国連邦の自動車メーカーであるWモーターズが製造販売している。2013年のカタールモーターショーで発表。販売価格は340万ドル(約3億4000万円)と、世界で最も高価な車の一つで、世界7台限定での販売となっている。 +ランボルギーニ「ヴェネーノ」 ランボルギーニが2013年で創立50周年を迎えることを記念して製作したスペシャル・モデル。スペイン語で「毒」を意味する。3台が実際に生産され、300万ユーロ(約3億6000万円)で販売された。 ---------------- フェラーリやランボルギーニなど、1970年代に欧米のスーパーカーに憧れた人も多いだろう。オイルショックや気候変動の結果、燃費や環境負荷が高いスーパーカーの人気は日本では陰を潜めたものの、欧米や中東の大富豪には根強い人気がある。 オランダのスパイカー社は12月2日に経営破綻したが、世界にはまだまだ気を吐くスーパーカー専業メーカーがたくさんあるのだ。21世紀になって発売された世界のスーパーカーたちを一挙にご紹介しよう。1億円オーバーの車種もザラなので入手は困難だが、その最先端のデザインから未来の息吹を感じて欲しい。

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections