お米の実験

日本の科学者のエモトマサルさんによる新感覚な実験。 彼の実験は 「Power of Positive thinking」(ポジティブ思考の力)がいかに大事かということを証明しました。 まず、炊いたお米を3種類にわけ、それに水を加え、ふたをします。 ・お米1 には「ありがとう」「大好きだよ」といった、ポジティブな言葉をかけます。 ・お米2 には「馬鹿者!」「ふざけんな!」といった、ネガティブな言葉をかけます。 ・お米3 は完全に無視、シカト状態で放置します。 この3種類のお米と接しながら、 30日間後には一体どうなっているのか、というのが実験の主題です。 さて、30日経った今のお米の実態をのぞいてみましょう。 →リンク先へ なんとなく納得してしまうこの実験結果。 大好きな家族や友達への一言にも気をつけなくては、とハッとさせられます。。

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections