IKEAの北欧家具だけじゃない! スウェーデンの食器はフィーカが関係していた

スウェーデンの食器文化、食文化もろもろについて要約した記事発見。 以下記事より 日本でも北欧家具や雑貨の人気は高く、特にスウェーデン発祥の「IKEA(イケア)」が日本に登場してからというもの、北欧家具や雑貨への知名度はさらに上がり、おしゃれで低価格な商品が日本でも簡単に手に入るようになりました。最近では、さらに高品質な北欧家具や雑貨、特に食器類も注目を集めています。 食器類を語るには、まずフィーカを説明する必要があります。フィーカとは、スウェーデンの生活慣習であって、休憩をとること、主として同僚、友人、恋人または家族とお茶やコーヒーを飲む時間を意味しており、重要な文化であると考えられています。 そのため、スウェーデンは1人あたりのコーヒー豆年間消費量は必ずといっていいほどトップ5に入ってきます。コーヒーの消費に伴い、マグカップのバリエーションも広がりコレクションをする人たちも多くなってきました。 また、1950年代~1970年代の経済発展により、食器とインテリアブームが起こり、それに加え戦後生まれの優秀なデザイナーが台頭し、開花しました。 また、世界的にも有名な食器メーカーも多く、スウェーデン王室御用達の陶器メーカー「ロールストランド」や、日本で人気のある食器デザイナー、リサ・ラーソンを輩出したことでも知られて近年よく名前を聞くようになった「グスタフスベリ」などがあります。特に「ロールストランド」は毎年行われるノーベル賞授賞式の晩餐会で使用されていることでも有名です。 毎年、年明けには大規模な「国際アンティーク・フェア」が開催されており、多くの観光客も訪れ、スウェーデン食器の魅力に触れて頂いています。 ヨーロッパで2番目に古い歴史を持つ スウェーデンの陶器メーカー・ロールストランド社。 スウェーデンの小島と地中海のイメージを融合させ、濃淡さまざまなブルーで装飾的な味つけをほどこしたデザイン。スウェーデンの伝統が反映された、時代を超えたシンプルなテーブルウェアです。印象的なパターンは、テーブルセッティングを華やかにして個性を際だたせます。

Mmm...
Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections