INTERNET of Things :: LOTメモ

モノのインターネットという言葉は、当然、流行言葉であるが、具体的な事例を交えて理解することで、いっときの「AR」のような違和感に落ち込まないようにできると考えられる。

「IRKiT(アイアールキット)」

価格7,700円

フリーランスエンジニアの大塚雅和さんが開発

エアコンやテレビなど複数のリモコンを登録し、iPhoneやiPadから一括で操作できるようにする赤外線リモコンデバイスです。

「Philips hue(フィリップス ヒュー)」インターネットに接続できる電球です。一般的なE26口金形のサイズであれば、どんな照明器具にも取り付けられます。アプリとLED電球をつなぐ「ブリッジ」をWi-Fiルーターに接続すると、最大50個までの照明をワイヤレスで操作可能。スマートフォン・タブレット用の無料アプリを使えば、電球の色をお気に入りの色やシーンに沿った色に変えたり、曜日やスケジュールに応じた照らし方「ライトレシピ」を設定したりできます。

「WeMo(ウィーモ)」ベルキンコンセントと照明器具などの電源ケーブルの間に差しておくと、iOS/Android用アプリで家電の電源のオンオフができるようになる電源リモートスイッチです。アメリカ向けの仕様のため、日本で使う場合は変換アダプタが必要。本体をコンセントに差し込み、Wi-Fi経由で操作します。

Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections