ガリガリ君がそんなにこだわりの食べ物だったなんて…

ガリガリ君、年間5億本売れてるそうです。日本人口で割っても驚異的な数ですね。…みたいなことをなぜか落語のまくらで知りました(笑)。 実はわたしガリガリ君を一回しか食べたことなくて(しかも梨味)、そこまでみんなに愛されてるものとは知らなかったのですが、同時に食べ方にも色々こだわりがあることを知ってなかば呆れつつも「なんでも好きな人はこだわりがすごいなあ」と感心してしまいました。 春風亭一之輔さんの王道は、袋から出して30秒ほど愛でたあと、ほどよく汗をかいたところで外側のソーダシャーベットを全部剥がして食べてしまい、残った芯の氷部分からソーダ味を吸い尽くし、最後に氷をシャクシャクやって、残った棒をカブト虫の墓に立てる、という食べ方だそうです(笑)。 で、それを聞いてたトークゲストの作家長嶋有さんは、シャーベット部分と氷を一緒に食べるべきと自分の食べ方を主張したところ、「ガリガリ保守」と呼ばれてました。わからんでもないけど保守って(笑)。 ガリガリ君好きにはみんな「自分の食べ方」があるんでしょうか? ガリガリ君本体よりそっちに興味がわいて思わず聞いてみたくなりました。

今いちばん夢中なのは実は仕事かもなー 歌舞伎・コンテポラリーダンス・針仕事・伝統工芸・お酒…などなど ストールとハンドクリームのコレクター
Follow
4.7 Star App Store Review!
Cpl.dev***uke
The Communities are great you rarely see anyone get in to an argument :)
king***ing
Love Love LOVE
Download

Select Collections